仮想通貨 マイニングハウス運営ブログ

仮想通貨マイニングとマイニングハウス運営の結果報告用ブログです

マイニングハウス計画 電力会社変更にむけて従量電灯Cにしました。

マイニングハウスの契約をしてから2ヶ月が経ちました。 当初は従量電灯Bの60A契約だったのですが、GPUが増えてきたので従量電灯Cの10kVAに変更申請をしました。

この記事では、主に従量電灯Bと従量電灯Cについて書きたいと思います。

従量電灯Bと従量電灯Cの違いとは?

従量電灯B

従量電灯Bは基本料金が契約アンペア数が10A〜60Aです。

従量電灯C

従量電灯Cは基本料金が契約アンペア数が6kVA以上になります。

電気料金の違い

従量電灯Bも従量電灯Cも基本料金 + (電力消費量 * 1kWhあたりの料金)で決定します。

基本料金

従量電灯Bの基本料金は下記の通りです。

  • 10A 280.80円
  • 15A 421.20円
  • 20A 561.60円
  • 30A 842.40円
  • 40A 1,123.20円
  • 50A 1,404.00円
  • 60A 1,684.80円

従量電灯Cは 1kVAあたり、280.80円となります。

電力消費量による料金

電気料金は「従量」という名の通り、電力使用量に応じて1kWhあたりの料金単価が3段階で変わります。 こちらについては、従量電灯Bも従量電灯Cも同じ料金体系です。

電力消費量(kWh): 1kWhあたりの値段(円)(税込)

  • 0 - 120kWh: 19.52円
  • 120 - 300kWh: 26.00円
  • 300kWh以上: 30.02円

プラン

従量電灯Bは一般家庭向けなので、様々なプランが用意されています。タイムプラン(時間帯別電灯)やピークシフト電灯などです。 従量電灯Cは業者向けなので、プランは用意されておらず、一律です。

従量電灯Bから従量電灯Cに変更するための条件

従量電灯Bから従量電灯Cに変更するには以下の2点が必須となります。

  1. 単相2線ではなく、単相3線にする必要があり、電気引き込みが済んでいる。
  2. 分電盤(ブレーカー)も単相3線のものを使用する。

単相3線かどうかの確認は家の外にある電気メーター見ることでわかります。 また、ブレーカーについては、蓋を開けて中を見て見ると、ブレーカーから出ている線が2本か3本かで判別できます。

単相3線の電気メーター 単相3線のブレーカー

単相2線から単相3線にするための工事

miner.naoshihoshi.com

単相2線から単相3線にするには、電気引き込み工事と、ブレーカーの交換工事が必要です。 電気引き込み工事については無料でした。 費用としては、ブレーカー交換代金が必要になります。

まとめ

2月に単相3線にしていたので、従量電灯Bから従量電灯Cへの切り替えは十分くらいで終わりました。もちろん無料です。 今回は従量電灯Bと従量電灯Cの違いについて書きましたが、違いはほとんどありません。

  • 契約容量が60A以下が6kVA以上かの違い
  • 適用できるプランがあるか、一律かの違い

この2点だけです。 意外にシンプルですね!