仮想通貨 マイニングハウス運営ブログ

仮想通貨マイニングとマイニングハウス運営の結果報告用ブログです

マイニングハウスで停電が発生したかを知るための方法

マイニングハウスで停電が発生してしまいました。
停電はある程度予想はしていたのですが、停電でマイニングが止まったのは初めてでした。

この記事ではマイニングができなくなっている場合、停電が発生したかを知るための方法について書いてみます。

停電を知る方法

NiceHashのInteractive history

NiceHashのInteractive history

一番最初に停電を知ったきっかけはこのグラフをみたからです。 グラフを見るとあるタイミングでグラフが横ばいになっています。(マイニングができていないことがわかります。) この時点では停電かどうかはわかりませんが、少なくとも、全てのリグが動いていないことがわかります。

NiceHashのRig Status

NiceHashのRig Status

Interactive historyの他には、こちらでリグの状態を見ることができます。

停電の場合は全てのRigの状態が表示されなくなる。 そうでない場合は、特定のリグが活動停止状態になる。

という状態になるので、状況の切り分けができます。 ちなみに、過去、特定のリグが活動停止状態になったことがあるのですが、原因はCPUリソースの食い過ぎでフリーズしていたことが原因でした。

Twitterで検索

Twitterで「地域名 停電」と検索すると、何時頃に停電があったがわかります。 インターネットってすごいですね!!!!

停電関連のツイートの時刻とNiceHashのInteractive historyでグラフが横ばいになったタイミングが合っていれば、ほぼ停電で確定となります。

まとめ

  • NiceHashのInteractive history
  • NiceHashのRig Status
  • Twitterで検索

これらを確認することで、停電かどうかを確認することができます。

落ち着いて確認できているように書いてますが、一番最初は「火事かも!?」と思っちゃいました。 Twitterで検索して、停電情報がなかったらパニックになっていたと思います。

まずは落ち着いて順番に確認していきましょ〜