仮想通貨 マイニングハウス運営ブログ

仮想通貨マイニングとマイニングハウス運営の結果報告用ブログです

NiceHashでリグとGPUのステータスを見る方法

マイニングハウスを作ったはいいんですが、自宅から結構離れているので、リグがしっかり動いているか不安になります。

  • そもそも電源が落ちていないか?
  • NiceHashMinerが起動されているか?
  • GPUが止まっていないか?

最近、NiceHashでこれらのステータスや、落ちたときにメールが飛ぶようにできることに気づいたので、まとめます。

リグがそもそも起動されているか?

リグがそもそも死んでるのか、オンライン状態にあるのか、掘れているのか?かなり重要ですよね。 これらはNiceHashのマイページから確認できます。

ステータスの確認

  1. NiceHashにログイン
  2. Dashboardをクリック

f:id:watasihasitujidesu:20180304165940p:plain この画面上でACTIVE(動いているリグ)とOFFLINE(動いていないリグ)の数がそれぞれわかります。 何が原因でOFFLINEになったのかはさすがにわかりませんが、問題が発生していることはわかります。

ステータスがOFFLINEになったときに通知を受け取る

さきほどのダッシュボードの画面からACTIVEをクリックします。

f:id:watasihasitujidesu:20180304170757p:plain 各リグ(Worker)ごとにCheck everyという項目を設定すると、設定した時間ごとにオフラインかどうかを確認します。 そして、オフラインになったらメールが飛ぶようになります。 この設定ですと、30分ごとに生きてるか死んでるか確認が行われ、死んでたら、このアカウントのメールアドレスにメールがきます。 メールはこんな感じです。

f:id:watasihasitujidesu:20180304171040p:plain

これらの設定で、リグ自体のステータスと、リグが止まったときの通知がされるようになります。*1

GPUのステータス確認

ここまではリグ自体の確認でした。 リグは複数のGPUを動かしていると思いますので、GPUそれぞれが、きっちり動いているかを確認したいですよね。 NiceHashならそれができます。

  1. ウォレットの画面にアクセス(https://www.nicehash.com/miner/#{ウォレットのアドレス})
  2. 画面中央の「Rig Stats」を確認

f:id:watasihasitujidesu:20180304165958p:plain ステータスはそれぞれ下記の意味を持ちます。

  • DEVEICES: デバイス数 = マイニングできるパーツの数(CPU + GPUの数)
  • LOAD: 負荷率(どれくらい負荷がかかっているか)
  • TEMP: 温度

負荷率と、温度まで見れるのは素晴らしいですね。 負荷率は100%に近い方が好ましいので、下がってきたら、リソースを持て余しているので何かしら問題が発生している可能性がある。 GPU温度は温度が低い方が好ましいので、温度が上昇していると何かしら問題が発生している可能性がある。 といったところでしょうか。

まとめ

マイニングハウスを運営していると、リグの状態が常に心配になります。 NiceHashの基本機能を使うことで、リグの状態や、GPUの状態を見ることができるので、問題が発生した場合にすぐ対応できる!という感覚を持つことができました。 結構ストレスレベルが減るので、設定しておくことをおすすめします!

*1:安心して寝れますね!