仮想通貨 マイニングハウス運営ブログ

仮想通貨マイニングとマイニングハウス運営の結果報告用ブログです

マイニングハウスでリグを作ってきました

リグといっても、単純にPCを作るだけなんですが、写真に取ってきたので、記録として残して起きます。

静電気発生抑制

まず、石鹸で手を洗ったあと、ハンドクリームを塗ります。 静電気は水分が不足していると発生しやすいので、これで防止しています。

マザーボード取り出し

f:id:watasihasitujidesu:20180217153957j:plain
マザーボード
帯電防止袋に入っているので、まずは取り出し。

CPU取り付け

CPUは向きを揃えないと死にます。 初見殺しだと思います。 とはいえ、マザボードにも、CPUにも▲マークがあるはずなので、これを揃えるだけでOKです。

f:id:watasihasitujidesu:20180217154119j:plain

CPUクーラーを取り付け

f:id:watasihasitujidesu:20180217154430j:plain クーラーが付いているCPUなので、取り付けます。 クーラーは、マザーボードから出ている電源(4pin)に取り付けなければ動きません。 これも初見殺しですね...。

メモリ取り付け

メモリはマザーボードと向きを揃えて刺さないと死にます。 さらに、両端がカチッという音がなるまで差し込まないと動作しません。 メモリが刺さってないと電源を入れた時にビープ音がするのでわかると思いますが、 結構力を入れて差し込まないとうまくいきませんので注意が必要です。

f:id:watasihasitujidesu:20180217155044j:plainf:id:watasihasitujidesu:20180217155050j:plain

電源スイッチを刺す

電源を入れるためにスイッチが必要です。 紹介している商品はHDDランプとかCPUランプとか付いていますが、正直必要はありません。 が、自分はしっかり動いているか目で確認したいため、これを買っています。

f:id:watasihasitujidesu:20180217155545j:plain

ハードディスク(SSD)取り付け

ケーブルとSSDを接続し、SATAポートに差し込みます。 ただそれだけですね。最も簡単。 f:id:watasihasitujidesu:20180217160103j:plain

電源を取り付け

電源の取り付けです。 電源ケーブルを差し込むところはいくつかあります。

  • マザーボードの電源供給に24pinのケーブルを取り付け
  • マザーボードのCPUの電源供給に8pinの電源を取り付け
  • SSDの電源供給にペリフェルpinのケーブルを取り付け
  • GPUへの電源供給に8pin*1ケーブルの取り付け
  • ライザーカード への電源供給にケーブル取り付け

f:id:watasihasitujidesu:20180217160420j:plain

OSインストール

自分はWindows 10 Proを使っています。 理由はいくつかあるのですが、大きくはこの2つです

  • 自動updateをOFFにできる(=勝手に再起動されない)
  • リモートデスクトップが使える(=ソフトウェアのメンテがしやすい)

f:id:watasihasitujidesu:20180217230342j:plain
OSのインストールは死ぬほど時間がかかります!! 画像の通り、夜までかかっちゃいました。 しかも、マイニングハウス用に照明を買ってなかったので、ディスプレイの光だけっていうね。

OSインストール後やることとしては3つです。

OSの準備だけで4時間かかります

まとめ

f:id:watasihasitujidesu:20180224163239j:plain 最低限のリグ組み立ては以上です。 単純に自作PCの組み立てと同じです。 あとは、GPUのドライバをインストールして、GPUをPCIeに差し込み、NiceHashMinerをインストールすればマイニングができるようになりまうす。 今はGPU枯渇問題が発生しているので、GPU数は少ないですが、入荷出来次第、ライザーカード に繋げてマイニングしようと思っています。

*1:GPUによって異なる